中小機構、いつでも起業や経営の相談ができる AIを活用したチャットボットを開設。

2019年8月1日 日本アイ・ビー・エム株式会社

日本IBMは、中小企業基盤整備機構が「IBM Watson」を活用し、起業や経営のリアルで具体的な相談に的確に回答するAIを使ったチャットボット「E-SODAN」の開発を支援、運用が開始された。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。