AIを活用した7言語のチャットボットによる顧客対応を開始。

2018年1月 Peach Aviation株式会社

Peach AviationはチャットボットによるWebサイト上での対応をこれまでの日本語対応から、英語、中国語、韓国語など7言語に広げることを発表した。同社ではSCSKサービスウェアが開発した「Desse」を利用している。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。