コンタクトセンターに接続するまでの待ち時間を短縮できる技術を開発。自然な会話をAIで分析し、応対トラブル発生を高精度に検知。

2019年3月20日  株式会社富士通研究所

富士通研究所は、コンタクトセンターの会話を分析し、通話中の応対トラブルの発生を9割以上の精度で検知する技術を開発した。応対トラブル発生の確からしさをスコア化し、トラブル時の会話の特徴の時間変化パターンを見比べることで高精度で抽出する。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。