データセンター等で、AIがサーバ室の温度環境を最適管理。

2018年4月 三谷産業株式会社 清水建設株式会社

三谷産業と清水建設は、データセンターなどのサーバー室の温度環境をAIが最適管理する省エネサービス「SMT」クラウド事業を始める。初年度は北陸地方を中心に展開し、2019年度から全国展開を図る。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。