バスロケ運行データとAIを用いた自動ダイヤ改正支援システム導入。

2018年4月 両備グループ

両備グループは、バスロケーションシステムの運行データと自動ダイヤ改正支援システムを導入し、路線バスの遅れ削減に役立てる。先行試行では、最大遅延時間の平均値が9分から5分に減少した。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。