人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」を提供開始。

2019年7月12日 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

富士通クラウドテクノロジーズは、人工衛星画像をAI技術を用いて分析し、地表のさまざまな物体の大きさや時系列での変化量をCSVファイルに加工するサービス「Starflake」の提供を始める。第一弾として、森林および植生面積データを対象とする「Starflake forest」と、貯水量データを対象とする「Starflake water」の提供を始める。

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。