デリバティブ契約業務の効率化に着手

2017年7月 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行は野村総合研究所と協同でデリバティブ取引の契約文書の読み取りや情報検索業務の効率化にかかわる実証研究を始めた。人工知能技術を取り込んだOCRシステムなどを利用する。

【同じ企業の関連する取り組み】

対話型自動応答サービス「みずほチャットサポート」のAI導入について~デジタル領域でのさらなる顧客利便性の向上~ 2019年1月
人工知能による営業部門・企画部門の業務効率化に着手。 2017年3月

当サイトにおいて掲載する情報は、企業のニュースリリース等で公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。掲載する情報の詳細については企業のホームページ等で確認ください。